不動産投資信託でリスクを軽減する|賢く資産運用

スーツ姿の男性

ニーズで使い分けよう

お金と貯金箱

不動産を証券化しています

不動産投資信託とは、複数の投資家が資金を拠出し、その資金を元手にマンションやオフィスビル等の収益物件を購入して運用する投資商品です。得られた収益は分配金として投資家に還元されます。証券化という仕組みを利用することで、一個人では投資し難いほど大規模な収益物件でも、投資を可能としています。不動産投資信託には、上場しているものと非上場のものがあります。非上場のものは募集期間が限られていますが、上場しているものを証券会社に口座を開設していれば、いつでも取引をすることができます。上場不動産投資信託の場合、投資額は一番低い投資価格のものであれば数万円で購入することができます。少しずつ資産を積み上げたい人にはお勧めです。

価格変動がありません

非上場の不動産投資信託にも一定のニーズがあります。それは価格が年に数回しか変動しないということです。株式市場に上場してしまうと、投資口価格が毎日変動します。運用自体は順調であっても、株式市場が荒れることで思わぬ含み損を被る可能性もあります。金融機関や事業会社の運用担当者は、運用資産の評価額を短期的に見られるので、価格変動リスクがあるものを一定以上組み込むことをためらいます。そのため、非上場の投資商品が都合が良いのです。上場不動産投資信託に投資をするか、非上場の不動産投資信託に投資をするかは投資主の嗜好次第ということになります。但し、情報開示の観点からみた場合、上場不動産投資信託の方が優れているといえます。

Copyright © 2016 不動産投資信託でリスクを軽減する|賢く資産運用 All Rights Reserved.